女性特有の痛み・不定愁訴に95%以上の改善率。コロナ感染防止対策徹底。ストレス、イライラ、頭痛、慢性疲労、不眠、うつ、自律神経の乱れ、肩こり、腰痛、産後ケア、産後の骨盤矯正の利用多数。世田谷千歳烏山駅徒歩2分、日祝営業、無料託児、クレジット利用可。

女性特有の痛みや不調をソフトな手技で根本改善!

腰周辺の痛み

しつこい腰痛の原因は「足の指の筋膜」でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当院で一番多い症状は慢性的な体の痛みです。その中でも多いのが「腰痛」です。
このしつこい「腰痛」を発生させる原因の一つに「筋膜」の存在が有ります。

「筋膜」という言葉は、今まではあまり一般的ではなかったのですが、最近はTVや雑誌などで良く取り上げられるようになりましたので、耳にした事の有る方も多いのではないでしょうか。

「筋膜」とは筋肉を深層部から浅層部まで何層にも覆っている膜のことです。

鳥の皮を剥ぐと筋肉の表面に“サランラップのような薄い透明な膜” があるのはご存知でしょうか。
これが「筋膜」の中でも一番浅層部にある膜です。
「食べた時に歯に挟まる」
「噛み切れない」
「包丁で切ろうとしても滑って切れない」

などの、経験がある方も多いと思います。

また、ステーキを食べる時に良く注意して見ると、筋肉と筋肉の塊の間に薄い膜があります。
結構硬くて食べるのに苦労します。これが筋膜です。

筋膜は大きく分けると浅筋膜と深筋膜の2層に分けられます。

1、浅層筋膜膜
皮膚の直ぐ下にあり、体全体を被う膜。ボディスーツの様体全体を覆って、体全体を守ったり、姿勢を保ったり、皮膚や筋肉がスムーズに動ける役割を担っています。

2、深層筋膜
筋肉そのものを被う膜。大きく分けると3つの層に分類される。筋肉の固定、筋肉どうしの摩擦軽減、筋肉の収縮・伸びなどの動き助ける役りが有ります。

【浅い所から順番に下記の様な複数の筋膜があります】。
①筋上膜:浅層筋膜の内側にある膜で、それぞれの個別の筋群を覆っている。
②筋周膜:数十個の筋原繊維を束ねている。
③筋内膜:筋肉の最小単位である筋原繊維を覆っている。

このように、筋膜は筋肉を何層にも覆っているのですが、筋肉だけなく骨や内臓の周囲にも筋膜が存在し、身体全体を総合的に支えたり守ってくれています。

これらの筋膜には主に下記のような役割が有ると考えられています。

【一般的な筋膜の役割】
◆筋原線維や筋層を束ねて個別の筋群を形成している。
◆身体を外部からの過度な圧迫や伸展などの刺激から守る。
◆内臓を保護したり位置を固定させる。
◆骨、靭帯、腱も筋膜で覆われており体全体を保持している。
◆「筋と筋」や「筋と皮膚」の摩擦を軽減しスムーズに動くことを可能にする。

【あまり知られていないが重要な役割】
老廃物を排泄しウイルスや細菌を退治する。
※筋膜にも血管、リンパ管、免疫細胞が存在しています。
知覚神経が存在しており痛み、熱い、冷たいを感じる。
耳の三半規管などの感覚器と連動して作動し、体の姿勢や動きなどを感じる。

上記のように、筋膜は実に多くの役割を担っています。

筋膜は筋膜どうしで繋がっており、浅層部から深層部まで網の目のように身体全体を覆っています。
また、筋膜どうしだけなく、筋肉、内臓、骨、血管、リンパ管など体を構成する組織全体とも繋がっていて体全体を一つのユニットとして形成する役割を担っています。
この体全体を覆っている筋膜の存在により、体の組織を本来あるべき場所に固定・維持しています。

例えば、筋膜がないと私たちは「座っていることも、立っていることも」出来ません。内臓の位置もすぐにズレてしまいます。

このような重要な役割を持っている筋膜に「縮む」、「捻じれる」、「筋膜どうしや筋肉と癒着する」などの現象が発生すると体全体に様々な不具合が発生してしまいます。

【筋膜が原因で発生する不具合】
1、体全体の姿勢が崩れる。
2、骨格が歪み骨盤のズレなどが発生する。
3、内臓の位置がずれて内臓の機能が低下する。
4、筋膜の緊張やコリが痛みを発生させる。
5、血液やリンパの循環が悪くなる。

上記のように筋膜の捻じれや収縮は「体全体の歪み」や「様々な痛みや不調」を発生させ原因になるのですが、今回のテーマである「腰痛」についてもう少し詳しく説明してみます。

腰周辺の筋膜の「捻じれや収縮」は当然「腰痛」を発生させますが、腰だけなく、その他の離れた場所にも痛みを発生させます。
また、腰の周辺より別の場所の筋膜の捻じれや収縮が「腰痛」を発生させるケースもあります。
例えば、下記のような現象が起きます。

・「腰の筋膜」の捻じれが「太ももの筋膜の捻じれ」を発生させ「太もも」に痛みが出る。
・「ふくらはぎ」の筋膜の捻じれが「腰の筋膜の捻じれ」を発生させ腰の痛みが出る。
・「胃の下垂」が「腰周辺の筋膜の捻じれ」を発生させ腰痛の原因となる。

意外かもしれませんが、「足の指」のなど遠くはなれた小さいな筋膜の捻じれや収縮も、腰痛の原因となります。
特に、「ハイヒール」や「ファッション優先で足の形に合わない靴」を履いていると足の指に負担がかかり、「足の指の筋膜に捻じれ、収縮、コリが発生」し、これが「腰痛の原因」となっているケースも多いです。
千歳烏山の世田谷カイロ整体院をご利用の患者様の中でも、「足の指の筋膜の捻じれやコリ」が、腰痛の原因となっている方がとても目立ちます。

このように、腰痛をを改善するには「筋肉を緩める」だけなく「筋膜の捻じれ、収縮、コリ」を改善する必要があります。
筋膜の捻じれや収縮は、一般的に行われているような筋肉のマッサージでは解消できません。
特殊なテクニックが必要です。
また、離れた場所の筋膜が「腰痛」に影響を与えているケースも多いので、「どこの筋膜が腰痛の原因になっているのか」を、シッカリと見極める能力も必要です。

マッサージを受けると「その場は楽になっても腰痛が直に戻ってしまう」と言う場合は、
「筋膜の捻じれや収縮やコリが残ったまま」、
「離れた場所の筋膜の捻じれやコリが原因」
といったケースが考えられます。

筋膜を緩める施術は「筋膜リリース」と呼ばれていいますが、千歳烏山の世田谷カイロ整体院では開業当初からこの「筋膜を緩める施術」を行っています。
しかし当時は「筋膜」の存在自体が一般的には知られていなかったため、患者様には「筋肉を緩めます」という説明をしておりましたが、最近は「筋膜」の存在がかなり知られて来たので患者様に対して「筋膜を緩めます」という説明の仕方に変えています。

慢性的な肩こりでお困りの方は、「筋膜」に「捻じれ、収縮、コリ」が発生している事が考えられます、当院では筋膜からシッカリとリリースする施術を行っています。

慢性的な「腰痛」でお困りの方は、お気軽にご相談下さい。お役にたてるはずです

  • 世田谷カイロプラクティック整体院Facebook
  • 院長ブログ
世田谷カイロプラクティック整体院 | 外観

〒157-0062
東京都世田谷区南烏山6-4-14
ライオンズステーションプラザ千歳烏山1階
整体のご予約はお電話で:03-5969-9079

今月の休診日

【5月の休診日は変則的となっていますのでご注意下さい】
5月1日~4日 休診日
5月5日~6日 施術日
5月7日    休診日

5月8日以降  毎週:月・木が休診日です。

お問い合わせはこちら

お困りの方はお気軽にご連絡下さい。お役に立てるはずです!

口コミで高い評価を頂いております

Link